topics モータスポーツへの応援 スーパー耐久シリーズ第2戦 参戦結果

 当社で応援している大谷飛雄 選手が「第2戦 SUGOスーパー耐久3時間レース」に参戦し、レポートが届きましたのでご紹介致します。

2021/4/17(土)、18(日)
第2戦 SUGOスーパー耐久3時間レース (3h×2レース)
スポーツランド SUGO(宮城県)インターナショナルレーシングコース

まずはお詫びからさせていただいます。
今回から新型デミオディーゼルで戦うことになる予定でしたが新型コロナウイルスの影響下がありまして、スペアパーツ、エアジャッキがレースに間に合わないことが発覚し、SUGO大会においてもDE型デミオで戦うことになりました。
現在はパーツも届き、チームがほぼ完璧な状態まで仕上げて下さっております。
5月23日に行われる24時間レースには間違いなく間に合います。ご心配おかけし申し訳ございません。


【予選】
A 大谷 飛雄選手    1分52秒530  10番手
B 井上 雅貴選手    1分52秒091  12番手
C 野上 敏彦選手    1分53秒080  9番手
D 加藤 芳浩選手    1分43秒901  3番手  予選合算12番手

刻一刻と変わる路面に対応することが一杯一杯で、とても難しいウェットの予選となりました。
今回、少しエンジンコンピュータのアップデートを施していただきタイム差は埋まりましたが、マシン特性上僕らにとっては雨量が少なすぎていたように感じています。



【決勝】
予選とは一点して雲ひとつ無い晴天に見舞われました。今回は3時間レースとなります。
セットアップも変更し、決勝でもタイムの落ち幅が少ないようにしていきました。
それが項を喫したのか、私がスタートを担当しましてオープニングラップで二台をパス。
その後も5台で5位争いを展開するなど、正直予想外なほどのバトルを展開することが出来ました。
45分経過後、井上選手に交代し、アンダーカット(ライバルより先にピットに入り、クリーンな状態で走り結果的に前へ出ること)を試み見事成功し1時間経過後は5位までポジションアップするも、まだ経験を活かせない部分もありながらペースを上げていきます。時間ミニマムで再び私に交代し、7位からゴールを目指しました。
残り20分でミッショントラブルが発生し、3、4速のみでの走行を強いられてしまいました。
8位争いは一周しか持たず明け渡してしまいましたが、9位争いはファイナルラップで一度抜かれるも、クロスラインで何とか守りきり9位でレースを終えることが出来ました。





【結果】
予選 12位
決勝 9位 
A 大谷 飛雄選手   1分41秒706   62周
B 井上 雅貴選手   1分42秒805   39周
C 野上 敏彦選手            0周
D 加藤 芳浩選手            0周



大谷飛雄選手:コメント
今回は9位という結果を満足するわけにはいかないですが、チーム戦略や決勝ペース、レース内容は非常に素晴らしく、常にバトルをすることができまして、レースをとても楽しむことが出来ました。
チームとしてもとても状態が良く、この後に待つ富士24時間レースでは大きな期待を持って挑むことが出来ます。
次に戦う新型デミオディーゼルのシェイクダウンは4月28日に予定をしており、マシンセットアップも含めて煮詰めていこうと思います。
なんとしても17号車、37号車でワンツーフィニッシュを目指して頑張ります。





頑張れ チームNOPRO! 頑張れ 大谷選手!

▲ページのトップへもどる