topics モータスポーツへの応援 スーパー耐久シリーズ第3戦 参戦結果

 当社で応援している大谷飛雄 選手が「2020年 スーパー耐久シリーズ第3戦」に参戦し、レポートが届きましたのでご紹介致します。

2020/10/31(土)11/1(日)
第3戦 スーパー耐久レースin岡山 (3h×2レース)

今回も3時間レースということで非常にアクセラには不利なレースでしたが、できる限りのアップデートをして臨みました。
主には足回りのセットアップを煮詰めていく方向です。岡山大会のようなコーナーが連続するコースでは良いデータが取れました。

予選
A 野上 達也選手 1分47秒836   5番手
B 大谷 飛雄選手 1分48秒806   5番手  予選合算5番手
C 野上 敏彦選手 1分48秒635   5番手

ボクの予選中、タイヤを温めているところでパワー不足を訴えましたが、時間が限られているためそのままアタックせざるを得ない状況になりました。
原因はターボ側のトラブルで、直線は160km/hしか出ないほどのパワーでした。(ライバル車は210km/h以上出ている)
そんな中で基準タイムは何とかクリアできたので、走り自体には満足でした。
Cドライバー予選には直ったので、決勝では全く問題ありませんでした。

決勝
スタートはボクからでした。
序盤15分経過で重大なアクシデントが発生し、しばらくSCランとなりました。
すかさずアクセラはピットに入り野上達也選手へ交代。
ライバルチームは燃費が持たない計算なのでステイアウトとなり、アクセラは義務ピットを一つ得した状態でコースに戻ることができました。
しかし、路面の温度や状況が変化するとマシンバランスが崩れていき、どんどんペースが落ちてきてしまいました。
その後野上達也選手の時間をミニマムで交代し、ボクが残り1時間30分連続で乗ることになりました。
確かにかなりアンダーステア(フロントがグリップしない方向)が強く、なかなかペースが上げづらいマシンでした。
なんとか完走できたものの、またしても5位という形になってしまいました。

結果
予選 5位
決勝 5位
A 野上 達也選手 1分49秒763 36周
B 大谷 飛雄選手 1分47秒161 59周
C 野上 敏彦選手 0周


大谷飛雄:コメント
今回はパワー不足だけではなく、アップデートした足回りのセットアップが上手く機能しないというところが一番の反省点でした。
ただ間違いなく方向性は固まりましたし、次のもてぎ大会に向けてバランスを良くしつつ、タイヤのライフも長くするセッティングを試してみるつもりです。
スプリングメーカーさんとも話して、かなり大掛かりなアップデートになることは間違いないですし、それによって0.1秒でも見つけられるように頑張ります。

頑張れ チームNOPRO! 頑張れ 大谷選手!

▲ページのトップへもどる