topics モータスポーツへの支援 スーパー耐久シリーズ第5戦 参戦結果

 当社で支援している大谷飛雄 選手が「2019年 スーパー耐久シリーズ第5戦」に参戦し、レポートが届きましたのでご紹介致します。

2019年9月14日(土)・15日(日)ツインリンクもてぎ(栃木県)
第5戦 もてぎスーパー耐久 5Hours Race

ホームレースであるツインリンクもてぎに帰ってきました。
もてぎでは最年少レース出場、当時のコースレコード樹立、スーパーカート最年少優勝、フォーミュラ時代の最高位、4輪初ポールポジション、初優勝、初ファステスト等…まだまだ数え切れない記録を出すことが出来たサーキットになります。
応援に駆けつけて下さる方もとても多く、感謝と共に特別な想いで週末を迎えることが出来ました。


予選
A 野上 達也選手 2分14秒530 5番手
B 谷川 達也選手 2分12秒039 5番手
C 大谷 飛雄選手 2分14秒134 5番手  予選合算5番手
D 野上 敏彦選手 2分17秒450 4番手

相性の良い、更にはホームサーキットということもあり、使い古したタイヤでもかなりのパフォーマンスランが出来たのではないかと思っています。
通常、新品状態と古いタイヤだとおよそ3秒程度タイムが変わるのですが、今回はほぼ2秒以内に(!)とどめることができました。
アクセラへの信頼度も深まり、とても気持ちの良い予選となりました。





決勝

谷川選手からスタートし、ロングラン作戦になります。
7号車、743号車、17号車の三つ巴のバトルを展開するなか、59号車がミッショントラブルで緊急ピットイン。燃費の良さを活かし2位を走行していました。
しかし、ここで燃欠トラブルに見舞われスローダウン。慌しくも大谷に交代します。
タイムロスは約2分、これを取り返すべく猛プッシュに入ります。



途中カタログ値で大きく劣るシビックタイプRを何とかパスし、2位へ。
そして再度ピットインし、谷川、野上(達)へと後退。
しかし2分ロスが響き、59号車の猛攻に耐えることが出来ず3位フィニッシュとなりました。





結果
予選 5位
決勝 3位
A 野上 達也選手        2分17秒868   8周
B 谷川 達也選手        2分15秒402  72周
C 大谷 飛雄         2分15秒580  42周
D 野上 敏彦選手         計測なし


大谷飛雄選手:コメント
今回はデミオと2台体制だったため、野上敏彦選手は監督に専念する作戦でした。
デミオは僅差で優勝を逃し、2位でした。
そしてアクセラも僅差で2位を逃し、3位という結果ではありましたが、W表彰台を獲得することができたので、悔しさはあるもののホッとしております。
まず、ホームサーキットで沢山のファンに表彰台を見てくださったこと、そして個人的には明らかにスペックの違うシビックをバトルの末に抜いて帰れたことが最高の収穫です。
各社サポートしてくださったスポンサー様にも心から感謝申し上げます。
これで最終戦をチームNOPROが完走すれば年間ランキング3位確定、6号車のランサーの前でゴールすれば年間ランキング2位になります。
次はスプリントレース制の強い3時間れーすになり、不利ではありますが、引き続き応援宜しくお願い致します。



頑張れ チームNOPRO! 頑張れ 大谷選手!

▲ページのトップへもどる