topics モータスポーツへの支援 スーパー耐久シリーズ第4戦 参戦結果

 当社で支援している大谷飛雄 選手が「2019年 スーパー耐久シリーズ第4戦」に参戦し、レポートが届きましたのでご紹介致します。

2019年7月20日(土)・21日(日)オートポリス(大分県)
ピレリスーパー耐久シリーズ2019 第4戦 TKU スーパー耐久レース in オートポリス

個人的にも得意で、アクセラにとっても相性が良い大分オートポリスサーキットの5時間レースのレポートになります。
微妙な天気の中、ウェット、ドライ路面の両方を走ることができ、有意義な週末でもありました。


予選
A 野上 達也選手 2分08秒148 4番手
B 谷川 達也選手 2分07秒228 4番手
C 大谷 飛雄選手 2分16秒546 4番手  予選合算4番手
D 野上 敏彦選手 2分17秒202 3番手

A、B予選はドライ路面、C、D予選はフルウェット路面となりました。
アクセラの特性としてライバルよりも車重が軽いため、たとえウェット路面でも4WDよりもコーナーが速く、タイヤの磨耗が少ないというメリットがあります。
結果的に4番手ではありましたが、ウェット路面でギャップを詰めることができることがわかったのは収穫でした。




決勝

路面はフルウェット状態でしたが雨は降っておらず、レインタイヤかスリックタイヤか悩ましい状況でした。
ただ、雨雲レーダーでは間違いなく雨が降ると読んだチームが大半でしたが、我々のチームはアクセラSKY-Dの特性を十分に理解した上でフロントをスリックタイヤ、リアがレインタイヤという奇策に打って出ました。
まずは野上監督がスタートし、一周で大谷にチェンジ。これで3回のうちの義務ピット回数を一度消化し、1時間45分の連続走行となりました。
実はこの作戦がばっちりハマリ、ライバル勢よりも2秒以上速いラップを刻み続けることができたため、1時間経過後には自身初のクラスラップリーダーを記録することができたのです。
そして燃費の良いアクセラはライバルよりもピット回数が少ないため、よりプレッシャーを与えることに成功、6号車がペースを上げすぎエンジントラブル。
59号車にも食らい付くペースでしたが路面は完全にドライになってしまい、野上達也選手に交代。
今度は読みを外してしまい雨が降ると想定したため、リアタイヤを新品のレインタイヤで出ていきました。ペースが上がらず前とのギャップが開いてしまいました。


最後に谷川選手に交代。4輪スリックタイヤで走り、ハイペースで走るもギャップは開くばかりでした。
残り45分で大雨に見舞われ慌ててレインタイヤに交換。しかし霧も出ていたので、セーフティカーの先導によりそのまま終了。
歯切れは悪かったですが、何とか3位でレースを終えることができました。




結果
予選 4位
決勝 3位
A 野上 達也選手 2分11秒771 36周
B 谷川 達也選手 2分08秒612 33周
C 大谷 飛雄選手 2分08秒241 43周
D 野上 敏彦選手 スタートのみ、計測なし


大谷飛雄選手:コメント
明暗が分かれたものの3位という結果と、個人的にはランサーやWRXと対等にバトルすることができ、とても楽しい週末となりました。
フロントスリック、リアレインのバランスは雨の日に意外と有効でしたし、フロントヘビーのFF車だからできた作戦でもあります。
路面が乾き始めたときのマシンバランスはかなりオーバーステアが強く、かなり格闘しながらの1時間45分でした(笑)
次は9月15日のもてぎラウンドになります。ボクのホームサーキットでもあるので、良い結果が残せるように頑張ります。


頑張れ チームNOPRO! 頑張れ 大谷選手!

▲ページのトップへもどる