topics モータスポーツへの支援 スーパー耐久シリーズRd.5参戦結果

当社で支援している大谷飛雄 選手が「2018年 スーパー耐久シリーズRd.5」に参戦し、レポートが届きましたのでご紹介致します。

2018年9月22日(土)・23日(日)第5戦 ツインリンクもてぎ(栃木県)

私のホームグラウンドでもあるツインリンクもてぎで、今年もスーパー耐久シリーズを迎えることが出来ました。
デミオディーゼルはフロントが重く、ブレーキにとても負担が掛かるサーキットです。
ホームということもあり、沢山の応援に駆けつけてくださいました。

予選
A 関 豊選手        2分24秒098 7番手
B 井尻 薫選手       2分23秒271 3番手
C 大谷 飛雄        2分25秒399 5番手   予選合算3番手

やはり前回のようには行かずタイムとしては厳しかったものの、ライバル勢の波乱もあり 合算3番手となりました。
今回は決勝を見据えたセットアップということでしたので十分な結果です。

決勝

関選手からスタートし、序盤は55分のショートスティントで井尻選手に交代。
井尻選手は1時間50分を走り、この時点で2位はほぼ確定となりました。
私も1時間20分を走り、アンカーは井尻選手。


ライバル勢は最低でも5回ピットに入らなければ、燃料が持たないのが5時間レース。
その中でデミオディーゼルは3回のピット回数で済みます。
その戦略をチームが見事に遂行して下さった結果、2位表彰台を獲得することが出来ました。


予選 3位
決勝 2位

A 関 豊選手        2分25秒524  22周
B 井尻 薫選手       2分25秒192  69周
C 大谷 飛雄        2分25秒764  30周


個人的に得意のもてぎということもあり、2位を獲得することができてホッとしております。
4号車のフィットがあまりに速く、追いつけることが出来ませんでした。
オートポリス戦とは対照的な作戦となったため、今回は燃費、タイヤを良く労わって我慢する役に徹してくれとの事でした。
自分なりには精一杯はやれたかな?という気持ちもあり、今回の2位はとてもうれしいです。
最終戦はFR勢が有利なサーキット、尚且つ3時間レースなので、出来る限りプッシュして表彰台を獲得したいと思います。

2位 獲得おめでとうございます。
この調子で最終戦も表彰台を期待しております。
頑張れ チームNOPRO! 頑張れ 大谷選手!


スーパー耐久シリーズ最終戦は、11月3~4日 岡山国際サーキット です。

▲ページのトップへもどる